2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまいちよくわからないゲーム用語

というまとめブログ記事を読んで面白かったのでHitozichiなりの解釈を綴るよ!

まずは
コンシューマー
アーケードゲーム=ゲームセンターで見られる筐体のあるものに対して、家庭用ゲームのことをちょっと気取って言う言葉みたい。
和製英語で、英語ではconsole systemと言うらしいけど日本では何故かconsumer=消費者と呼ぶようになってしまって……ビデオゲームのプレイヤーはみな等しく消費者なのに、変だよ!

個人的にはPlayStation4とかXBOX OneとかNintendo Switchとかの「ゲーム機」を指して言いたいときに使われてることが多いと思ってます。
PCやスマートフォンはスペック差が激しいので、アーケードの筐体のような同スペックでのプレイ環境を指したい。
(言い出せばアーケード機だってゲーム機だってBIOSのバージョンとか、コントローラーのヘタリ具合とか、使ってるテレビ/ディスプレイの性能とか、オンライン機能があれば回線の状態とか、完全な同一はありえないんですけど、少なくとも特定の環境だけで発生するバグがないとか、そういうところを含んだ言葉なんですかね?)
まあゲーム機で良いじゃん。
やっぱり気取って使うことしかない単語のように思えますね!


次、
オープンワールド
いまいち曖昧な単語だったのでWikipediaの記事を呼んだ限りでは、
シングルプレイヤーのゲームに特筆して言う要素だと解釈できました。
MMORPGでは大抵この要素が含まれていて、言うに値しないのかも。
開けた世界(オープンワールド)の指すところは、「今は○○に向かわなければ」「この橋の通行には許可が必要だ」みたいな、ストーリーの進行上の"柵"から開放されている、というところなんだなって。
ラスボスを倒す前の、ゲームの世界を自由奔放に散策できる状態を指して"オープンワールド"ということなんだと解釈しました!



ソシャゲ
「バトルにはフレンドを連れて行くことができるよ!」
「限定ガチャにイベント特効ユニット☆5登場!」
「チーム対抗戦! 総合ポイント順位上位入賞チームには景品!」

こういう射幸心と社会性を煽りまくる人間性に背いたシステムのゲームのことでしょう(偏見)?

……と思っていたんですが、もともとは「SNS(mixi, mobage, GREE等)が提供しているゲームのこと」だったとは知りませんでした。
なるほど、ソーシャルはそこから来ていたのか。

前述したようなシステムをもつスマートフォン用のゲームを指して言う単語と思って間違いなかったようです。



MO
(Multiplayer Online [マルチプレイヤーオンライン])
オンラインで、プレイヤー人数が限定されているもの。

対して、
MMO
(Massively Multiplayer Online [マッシヴリーマルチプレイヤーオンライン; 大規模多人数オンライン])
オンラインで、プレイヤー人数が限定されていないもの。

MOには、5v5とか、多いものでは100v100なんてありますね。
でも、FPSの8v8~32v32とかは特にMOとは呼ばないような覚えがあります。なんででしょう?
MMOでは、サーバーの同時接続数の都合があって実際にはプレイヤー人数は限定されていても、そこは名言されないものが殆どだと思います。
サーバー接続時に、
サーバー1 [||||||||||||||||||||] (満員) とか
サーバー8 [|||||||     ] (快適) とかあるけどそれだけで。

MOゲームのPSOとかMHFのロビー部分はMMOだ、とか
MMORPGのパーティ用ダンジョン部分は1パーティに人数が限定されるからMOだ、とか
そういう部分もありますけど、ゲームプレイの話だから構造の話すんのやめよ?って思います。


まだまだ続くよ
FPS
(First Person Shooter [一人称視点シューター])

TPS
(Third Person Shooter [三人称視点シューター])

FPSのゲームは基本的に一人称視点固定で、何か乗り物に乗ると三人称視点にもなるけど、徒歩のときは鏡でもないと自分の姿が見えないもの、でしょう(チートコマンドでTPSモードがあるかもしれませんが)。
TPSのゲームは逆に三人称視点が固定で、一人称視点にも切り替えられるけれどカメラの動きが激しくて3D酔いしてしまうとか、そもそもそこまで精密な狙撃が要求されないとか、そういっものだと思います。

ゲームのジャンルなのか、ゲームの要素なのか、明確な区分けをしなくても使える言葉なので抽象的になっているんだなと思います。だからこそ、そのゲームの本題に焦点を絞るべきなのかなって。
例えば……
メタルギアソリッドは、ステルスアクションで、通常TPSであって、FPSでもプレイする。そして、これは「ステルスアクション」のゲーム。
スナイパーエリートは、ステルスアクションで、通常TPSであって、FPSでもプレイする。そして、これは「FPS」のゲーム。

やっべ、FPSは基本一人称視点だよって言ったそばから逆のこと言っちゃったよ。
まあゲーム本題とデザインって違うこともあるんじゃない、かな……。


疲れた。
最後!
ハックアンドスラッシュ
これ、めちゃくちゃ意味が広いみたい。
どういう意味やねんって記事を2つだけ読んでみた。

「ハックアンドスラッシュ」とはどういうゲームを指すの?
ゲームの「ハクスラ」とはどんなジャンル?知ってる人に聞いてみた。

原義は

初めは TRPG で使われていた用語らしく、明確なゴールがなく、戦闘がメインとなるようなキャンペーンのプレイを「Hack and Slash」と言っていたようだ。


とのことで、現在どう使われているかというと
1.戦闘の爽快感重視のゲームのこと
2.良い装備を集め続けるゲームのこと
3.(コマンド入力の戦闘に対して)アクション入力で敵を倒すゲームのこと
が多めなのかなってあたりがついた。

どうやら原義か、1の条件さえ満たせば全てハクスラと呼べるのではないかと思う。

ラスボスも裏ボスも倒したしレベル上げに専念する、ハクスラだね!
良い装備を集めて、従来の戦闘から飛躍することの爽快さ、ハクスラだね!
左ボタンを押すと弱攻撃、上ボタンなら強攻撃。コマンド選択型よりも爽快な戦闘、ハクスラだね!

戦闘が気持ちよければクリックゲーでも草刈り無双でも何でもハクスラというわけだ、暴論。
使うのを控える結論に至るのも頷ける。
戦闘の気持ちよさは人それぞれなのだから。
スポンサーサイト

«  | HOME |  »

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

プロフィール

Hitozichi

Author:Hitozichi
ひとじちちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。