2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまいちよくわからないゲーム用語

というまとめブログ記事を読んで面白かったのでHitozichiなりの解釈を綴るよ!

まずは
コンシューマー
アーケードゲーム=ゲームセンターで見られる筐体のあるものに対して、家庭用ゲームのことをちょっと気取って言う言葉みたい。
和製英語で、英語ではconsole systemと言うらしいけど日本では何故かconsumer=消費者と呼ぶようになってしまって……ビデオゲームのプレイヤーはみな等しく消費者なのに、変だよ!

個人的にはPlayStation4とかXBOX OneとかNintendo Switchとかの「ゲーム機」を指して言いたいときに使われてることが多いと思ってます。
PCやスマートフォンはスペック差が激しいので、アーケードの筐体のような同スペックでのプレイ環境を指したい。
(言い出せばアーケード機だってゲーム機だってBIOSのバージョンとか、コントローラーのヘタリ具合とか、使ってるテレビ/ディスプレイの性能とか、オンライン機能があれば回線の状態とか、完全な同一はありえないんですけど、少なくとも特定の環境だけで発生するバグがないとか、そういうところを含んだ言葉なんですかね?)
まあゲーム機で良いじゃん。
やっぱり気取って使うことしかない単語のように思えますね!


次、
オープンワールド
いまいち曖昧な単語だったのでWikipediaの記事を呼んだ限りでは、
シングルプレイヤーのゲームに特筆して言う要素だと解釈できました。
MMORPGでは大抵この要素が含まれていて、言うに値しないのかも。
開けた世界(オープンワールド)の指すところは、「今は○○に向かわなければ」「この橋の通行には許可が必要だ」みたいな、ストーリーの進行上の"柵"から開放されている、というところなんだなって。
ラスボスを倒す前の、ゲームの世界を自由奔放に散策できる状態を指して"オープンワールド"ということなんだと解釈しました!



ソシャゲ
「バトルにはフレンドを連れて行くことができるよ!」
「限定ガチャにイベント特効ユニット☆5登場!」
「チーム対抗戦! 総合ポイント順位上位入賞チームには景品!」

こういう射幸心と社会性を煽りまくる人間性に背いたシステムのゲームのことでしょう(偏見)?

……と思っていたんですが、もともとは「SNS(mixi, mobage, GREE等)が提供しているゲームのこと」だったとは知りませんでした。
なるほど、ソーシャルはそこから来ていたのか。

前述したようなシステムをもつスマートフォン用のゲームを指して言う単語と思って間違いなかったようです。



MO
(Multiplayer Online [マルチプレイヤーオンライン])
オンラインで、プレイヤー人数が限定されているもの。

対して、
MMO
(Massively Multiplayer Online [マッシヴリーマルチプレイヤーオンライン; 大規模多人数オンライン])
オンラインで、プレイヤー人数が限定されていないもの。

MOには、5v5とか、多いものでは100v100なんてありますね。
でも、FPSの8v8~32v32とかは特にMOとは呼ばないような覚えがあります。なんででしょう?
MMOでは、サーバーの同時接続数の都合があって実際にはプレイヤー人数は限定されていても、そこは名言されないものが殆どだと思います。
サーバー接続時に、
サーバー1 [||||||||||||||||||||] (満員) とか
サーバー8 [|||||||     ] (快適) とかあるけどそれだけで。

MOゲームのPSOとかMHFのロビー部分はMMOだ、とか
MMORPGのパーティ用ダンジョン部分は1パーティに人数が限定されるからMOだ、とか
そういう部分もありますけど、ゲームプレイの話だから構造の話すんのやめよ?って思います。


まだまだ続くよ
FPS
(First Person Shooter [一人称視点シューター])

TPS
(Third Person Shooter [三人称視点シューター])

FPSのゲームは基本的に一人称視点固定で、何か乗り物に乗ると三人称視点にもなるけど、徒歩のときは鏡でもないと自分の姿が見えないもの、でしょう(チートコマンドでTPSモードがあるかもしれませんが)。
TPSのゲームは逆に三人称視点が固定で、一人称視点にも切り替えられるけれどカメラの動きが激しくて3D酔いしてしまうとか、そもそもそこまで精密な狙撃が要求されないとか、そういっものだと思います。

ゲームのジャンルなのか、ゲームの要素なのか、明確な区分けをしなくても使える言葉なので抽象的になっているんだなと思います。だからこそ、そのゲームの本題に焦点を絞るべきなのかなって。
例えば……
メタルギアソリッドは、ステルスアクションで、通常TPSであって、FPSでもプレイする。そして、これは「ステルスアクション」のゲーム。
スナイパーエリートは、ステルスアクションで、通常TPSであって、FPSでもプレイする。そして、これは「FPS」のゲーム。

やっべ、FPSは基本一人称視点だよって言ったそばから逆のこと言っちゃったよ。
まあゲーム本題とデザインって違うこともあるんじゃない、かな……。


疲れた。
最後!
ハックアンドスラッシュ
これ、めちゃくちゃ意味が広いみたい。
どういう意味やねんって記事を2つだけ読んでみた。

「ハックアンドスラッシュ」とはどういうゲームを指すの?
ゲームの「ハクスラ」とはどんなジャンル?知ってる人に聞いてみた。

原義は

初めは TRPG で使われていた用語らしく、明確なゴールがなく、戦闘がメインとなるようなキャンペーンのプレイを「Hack and Slash」と言っていたようだ。


とのことで、現在どう使われているかというと
1.戦闘の爽快感重視のゲームのこと
2.良い装備を集め続けるゲームのこと
3.(コマンド入力の戦闘に対して)アクション入力で敵を倒すゲームのこと
が多めなのかなってあたりがついた。

どうやら原義か、1の条件さえ満たせば全てハクスラと呼べるのではないかと思う。

ラスボスも裏ボスも倒したしレベル上げに専念する、ハクスラだね!
良い装備を集めて、従来の戦闘から飛躍することの爽快さ、ハクスラだね!
左ボタンを押すと弱攻撃、上ボタンなら強攻撃。コマンド選択型よりも爽快な戦闘、ハクスラだね!

戦闘が気持ちよければクリックゲーでも草刈り無双でも何でもハクスラというわけだ、暴論。
使うのを控える結論に至るのも頷ける。
戦闘の気持ちよさは人それぞれなのだから。
スポンサーサイト

萌めくり2.5 攻略

血迷って買ってしまったXBLAインディーズゲームの「萌めくり2.5」の攻略記事です。


難易度NORMAL
左上のパネルを1 右下のパネルを25と数えます
stage1
■11にRT ■15を半回転

□□□□□
□□□□□
■□□□■
□□□□□
□□□□□
stage2
■11を半回転 ■15にRT

□□□□□
□□□□□
■□□□■
□□□□□
□□□□□
stage3
■13と■20にRT

□□□□□
□□□□□
□□■□□
□□□□■
□□□□□
stage4
■11, 25にRT

□□□□□
□□□□□
■□□□□
□□□□□
□□□□■
stage5
■11, 15にRT

□□□□□
□□□□□
■□□□■
□□□□□
□□□□□
stage6
■1, 23にRT

■□□□□
□□□□□
□□□□□
□□□□□
□□■□□
stage7
■10にRT ■25にLT

□□□□□
□□□□■
□□□□□
□□□□□
□□□□■
stage8
■21を半回転 ■23にLT

□□□□□
□□□□□
□□□□□
□□□□□
■□■□□■
stage9
■8, 18にRT

□□□□□
□□■□□
□□□□□
□□■□□
□□□□□
stage10
■3にRT ■12を半回転

□□■□□
□□□□□
□■□□□
□□□□□
□□□□□





難易度HARD

左上のパネルを1 右下のパネルを36と数えます

stage1
■8にLT ■22を半回転 ■29にRT

□□□□□□
□■□□□□
□□□□□□
□□□■□□
□□□□■□
□□□□□□
stage2
■16を半回転 ■24にRT ■33にLT

□□□□□□
□□□□□□
□□□■□□
□□□□□■
□□□□□□
□□■□□□
stage3
■10, 20を半回転 ■28にLT

□□□□□□
□□□■□□
□□□□□□
□■□□□□
□□□■□□
□□□□□□
stage4
■3にRT ■25, 34にLT

□□■□□□
□□□□□□
□□□□□□
■□□□□□
□□□□□□
□□□■□□
stage5
■30, 31にRT ■34にLT

□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□■
■□□■□□
stage6
■1, 16にRT ■34を半回転

■□□□□□
□□□□□□
□□□■□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□■□□
stage7
■8にLT ■22にRT ■26を半回転

□□□□□□
□■□□□□
□□□□□□
□□□■□□
□■□□□□
□□□□□□
stage8
■1にRT ■24にLT ■35にRT

■□□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□□□□□■
□□□□□□
□□□□■□
stage9
■15にRT ■16にLT ■21にLT

□□□□□□
□□□□□□
□□■■□□
□□■□□□
□□□□□□
□□□□□□
stage10
■それぞれLT

□□■□□□
□■□□□□
□□□□□□
□□□□□□
□■□□□□
□□□□□□

全文を表示

方向転換かなぁ

2010年12月18日、札束を抱えて教習所へ。
普通自動車も同所で取ったのだが、たいへんに親切丁寧な指導の行われる教習所。

19日、適正検査。
普通自動車のときより、判定が悪くなっていた…意識を改善しようと改めた。

20日、初回講習。
取り回しでCB400SFを倒しまくって、腕が筋肉痛に。
(その時は、引き起こせなかった。
 何やら気分が高揚・興奮やら動転してしまい、事前に運転教本で読んだ内容が頭から抜け落ちて、なぜかハンドルを真っ直ぐにして引き起こそうと奮闘していた……。
 通常、バイクを倒してしまったときはハンドルをどちらかにロックまで切って持ち上げるものなのだった。
 のちの教習中にも何度か倒してしまうが、ハンドル切って引き起こし余裕でした。初日でずいぶん鍛えられた説も)

21~26日(?)、一本橋・スラローム・8の字・クランク。
スラローム以外、(低速での)安定走行という課題なので、躍起になって低速を維持しようとして、というよりも速度は出してはいけないものだと勘違いしており、度々バランスを崩していた。
スラロームとクランクで、少しばかりスピードが出てしまったために前ブレーキを握ってしまう致命的ミスを1度ずつやらかした。ズッコーンと転んで笑えるのは教習所が安全だからだと戒める。

1段階のシミュレーターでは何故か成り行き、素手で行い……走行風を模した扇風機に手をいじめられた。
同時にシミュレーターの教習を受けた人(中型二輪を現有しているようで大型二輪の教習のよう)は、停車しているトラックとコーナーの間に入りトレーラー前輪にぶつかっていたけれど、
自分は対向するトラックと正面衝突……。シミュレーターはハンドルで曲がるものだと認識した。あれにバンクなぞ必要ないのだ。

2011年1月6~8日(?)、1段階終了。大体このあたりだったと思う。
AT車のハンドルの軽さに重量配分の偉大さを知らしめられた。ホイールの大きさの恩恵も。
年配の男性が急制動で派手に転んで急制動に対する恐怖心が芽生えた。
指導員の方々も血相を変えて駆けつけるレベルだったが、幸い無事・無傷だったようだ。
急制動コースの路面はアスファルトに無数の傷がついていて転倒回数の多さを物語っていた。
プロテクターの重要性を再認識した。

9日~13日、急制動とか法規に基づいた課題走行とか。
急制動で後輪ブレーキを強くかけがちで、スリップダウンしそうになってヒヤッとしたこともあったが、セフセフ。
教習中に学んだことは、前ブレーキだけで止まるつもりでも意外にいける点と、後ブレーキだけ強めにかけるとバイクが直立しようとする力が強く掛かる(っぽい)点。

14日、卒業検定。
事前まで念入りにコースを確認していたのに、本番の途中で頭から抜け落ちてしまった部分があって、いくらか減点になったと思う。発進時にエンストしてしまったのは…減点の内か外かは知り得ない部分なのだった。
次に卒業検定を受けるときにはコースを覚えておいて」と言われて不合格かと思ったけれど、合格だった。

17日、免許交付。
長い間ひとじちを名乗っていると、17という数字に縁を感じざるをえない。


★今後の予定
Kawasaki Ninja250R '11 Special Edition(Pearl White/Ebony)…今週中に納車予定。
携帯電話の機種変更…ソロツーリングとかを考えてカメラの画質のいい携帯にしたいものだ。調べねば……。

テーマ:バイク - ジャンル:車・バイク

哲夫に

パラベラムが(アエリア運営側から)放置されつつある、
(ガーラが一時発表していたアナリスト向けジャーナルに)目標として
『ストリートギアーズ』開始予定にしていた秋……が過ぎ行く冬目前の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか(長ったらしい前置き挨拶)。

鉄鬼のクローゼドベータテストを明日に控えているので更新してみました。

青い空とかいう萌えを前面に売り出しているゲームに落選したり、
運営スタッフがニコ厨臭漂うゲームをついさっき知ったりしながら、
オンラインSRPGはないものか、と嘆いております。

巨商伝とかストラガーデンがそうだったと思いますが、
巨商のほうはSRPGというかSLG?RTS?のような戦闘システムでしたし、
ストラガーデンはテスト時に少ししか触ったことがないので多く語れませんが、ソロプレイでは多数 vs 多数に持ち込めなかったような覚えがあります。

ソロ時にはNPCを雇えて、グループを組んでのパーティプレイ時にはチャットで戦略を話し合いながら、強いボス相手に奮闘したり対人戦が出来る、そんなオンラインSRPGを待ち望んでいます。

ブロードバンド時代だからと、PCゲームだからといっても、リアルタイムの操作・入力の求められるゲームは、時間差やコンピューターの性能によって生じる様々な問題を解決出来ていないなぁ……と言うのは理由のあとづけですが間違ったことは言っちゃいない。


はい、鉄鬼ですが、「てっき」と入力しても、鉄器としか変換されず、「てつおに」だと記事タイトルのようになってしまう、MS-IMEへの憤りを感じさせるためにつけられたタイトルだと思われます。

ジャンルはロボットTPSです。
TPSもロボットモノも、日本では……と言うより、世界的に見ても多分、あまり人気のあるジャンルではないと思います。
ロボットモノのオンラインゲームと言うと、JUNKMETALやLANDMASS、それからC21とコズミックブレイクなんかを思い出しますが……前2つはサービス終了と言うアレ。後ろ2つはわからないですけど。

パワードスーツとか自律機動ロボとかが物語の大部分になるものは、コアな人には長く愛されるけれど、そうでない人には見向きもされていないように思います。
ガンダムとかゾイドとかの、中に人が乗るような巨大ロボは……飛行機やバスのような感じでロマンが溢れてるから良いんだろうな!?
って、鉄鬼も中に人が乗っている設定のようですが巨大さが足りない。

……と、そんなこともあってロボットモノのオンラインゲームが成功しないジンクスを勝手に提唱している僕にしてみれば、大コケしてしまわないか心配であります。
もっとも、よほどゲームバランスが悪かったりしなければ、毛嫌いされるジャンルという訳ではないでしょうから、悪くとも細々と続くと思いますけれど。ストリートギアーズだって……宣伝されれば……。


兎も角、やるからには、テスターと言う立場を忘れて、楽しんだもの勝ちな部分があります。
しかし、機体の種類が八種類もあって、どれを選んだらいいかわからなーい!という心境です。
狙撃型は、恐らく上手ければ上手いほど強いだろうけれど、そこまで上手くやれる自信がないし、
軽量型・強襲型は、良くも悪くも無難で、僕は退屈しそうだし、
重量型・火力型は、クセとかアクが強そうで、やる人を選びそう。

そこで、残るのが工兵型、偵察方、そして整備型の三種。
工兵型は、ゲームタイプによって活躍の場が限られそうだから、気を削られそうだけれど、恐らく、地雷は(可能なら)重ね置きすると必殺ダメージになるから、対人最強のはず。凄く惹かれる。
偵察型、整備型は、どんなゲームタイプでも活躍できる……んだけど、野良プレイの場合、多分に「軽量型なら殺れてた!! 補助なんかするんじゃなかった!!」っていうケースに遭遇しそう。
でもそれ以上に敵の位置を把握できたり、任意の位置に固定砲台を設置できたりするのは、魅力なのである。

ああほんとに悩むなぁ……おなかが減ったよ。お昼ごはん食べます。

塀、堀といった字はいくら見れども
塀や堀には見えないので表音文字っていやだなと思います。

壁という字は見れば見るほど
レンガ造りの壁に見えて凄いなと思います。

黒撃

BLACKSHOT
http://blackshot.jp/
SS見る限りCO-OPモードがあるだけのSAとかWRと変わらないような韓国製FPS
とりあえず応募当選したのでやってみます。
GMブログを見る限り、RPG要素とか、「どうせやるならRainbowSixぐらい練り込んでくれよ」って程度のブリーフィングとかが萎えさせてくれそう。

さっぱり期待していないけれど、せめてテスト期間中は目一杯遊べればいいな。

本命はアエリアゲームズのParabellumです。



追記:アンインストールしました。

テーマ:BLACK SHOT - ジャンル:オンラインゲーム

«  | HOME |  »

カテゴリー

最近のコメント

ブログ内検索

リンク

プロフィール

Hitozichi

Author:Hitozichi
ひとじちちゃん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。